Joy's COLUMN

Influenza インフルエンザ

This year's influenza has been catastrophic. Sixty children have died nationwide this year, three times the number compared to last year. Just this past week, a five-year-old girl passed away in Brooklyn, close to home. I have heard from friends recovering from the flu have been bedridden for two weeks with nausea, diarrhea and sharp pain to their stomachs. I've also heard from friends in Japan that many schools have closed due to the spread of the disease.

To me this is a reminder that the world is shrinking and we all share the same environment. Borders, oceans, and language cannot separate the human existence. We share the air, water and abstract things like ideas also move fluidly between nations. What affects me in New York also affects my friends in Japan. It's easy to get distracted by what is happening in our daily lives but I feel we all have a responsibility to educate ourselves about the big picture and what affects us all as humans.


今年のインフルエンザは随分酷いみたいですね。アメリカでも全国で子供が60人亡くなっていて、去年の3倍とか。 ブルックリンでも近くに住んでいる5歳の女の子が先週亡くなりました。 インフルエンザに掛かった友達はみんな回復に2週間ほど掛かり、酷い腹痛だったと話します。 日本でも学校はインフルエンザが蔓延していて学級閉鎖になってるクラスがあるとか。

アメリカと日本、こんなにも遠く離れている場所で同じようにインフルエンザが流行っているのを聞くと改めて世界が縮んでいことを身に感じます。 国境線、海や山を超えてみんな同じ空気を吸って、水を飲んでいる。 ニューヨークで起こっていることが日本にいる友達にも起きていて、大きく、少なかれ、こっちで起きていることが世界にどのような影響を与えているのか考えさせられます。 日々の生活に追われて自分の目の前で起きていることだけではなく、時には世界で起きていることに目を向けて意識が広がるよう努力したいと思います。

Picky Eater 好き嫌い

Both of my children are picky eaters. As a baby, my daughter only liked to eat carbohydrates and white foods, like rice, udon noodles, mochi, white bread and pasta. I had a very hard time trying to get her to eat vegetables and especially meat. She would refuse anything that I mixed together. No tomato sauce on her pasta, no fried rice, no spinach colored udon noodles. My son, is the same way but he loves fruits and some vegetables. The only meat he likes is bacon.

My daughter is now 8 years old and my son is 4. My daughter has finally started to eat and try different foods. And, once she tries it, she usually likes it. My son will try foods once he sees his sister eating it so he eats better than his sister did at his age. This was a major stress factor for me because I was not a picky eater. I tried not to let it bother me but it was very stressful. It is such a relief to see that my children are finally becoming more adventurous in their choices. They are still picky but at least I can see things are improving.


うちの子は二人ともご飯の好き嫌いが赤ちゃんの頃から酷かったです。 娘は白い炭水化物が大好きでお米、うどん、お餅、食パンとパスタしか食べてくれませんでした。 野菜やお肉を混ぜると一切手をつけてくれませんでした。 パスタのトマトソース、おにぎりのふりかけ、炒飯、かぼちゃパン、ほうれん草が練りこまれたパスタ。 色々試しましたが、白以外のものは徹底的に却下されました。 下の子も同じ傾向ですが上の子よりは果物や野菜を食べてくれます。 しかし、お肉はベーコンしか食べてくれません。

娘は今8歳、息子は4歳。やっと最近娘が文句を言わずに食べてくれるようになりました。 文句を言っても、食べてみると美味しいと言って食べてくれます。 お姉ちゃんが美味しそうに食べているのをみると、下の子も食べてくれるのでありがたいです。 お姉ちゃんと比べると随分楽です。 好き嫌いは私の育児生活でもっとも悩まされたところだと思います。 気にしなくていいと言われても、毎日3食同じものでは栄養が取れてないんじゃないかと悩み、色々工夫して作っても食べてくれない。 かと言って元気に育っているのでこれでいいのかな~、なんていう気持ちで左右されました。 今もまだ好き嫌いはありますが、育児8年目にしてやっと料理が楽になりました。

Xmas With Family 家族とクリスマス

So much of Christmas is commercialized. We are encouraged to buypresents for children, friends, teachers, and everyone we love. I think it's wonderful to show other people that they are appreciated and provide a token of that appreciation. But, I think it's important to focus on what's really important in our lives, like spending quality time with your family. This Christmas we were able to do that. We held back on giving toys and instead went to go see a movie and Broadway show. My brother and his family also came to visit us from Boston again like last Christmas. My children spent time with their cousin and just enjoy the time we have together. I read that some families in the US are switching from buying Christmas presents to spending the money to take trips together. Making memories with family is priceless and will stay with the children forever. Unlike the toy that they will play with for a couple weeks and forget.

アメリカではクリスマスは特に商業化されているように思います。 子供達、友達、先生など知り合いのみんなにプレゼントを渡し、交換します。 一年お世話になった人に感謝の気持ちを伝えて何らかの形として示すことは大切なことだと思います。 しかし、同時に私にとってクリスマスは家族との時間を大切にしたい祝日でもあります。 今年のクリスマスはそれが出来たように思います。 おもちゃは控えめにし、家族で映画や劇を観に行きました。 また、今年も吹雪の中、弟夫婦がボストンから遊びに来てくれました。 子供達は従兄妹と久しぶりに遊べて楽しそうでした。 最近のトレンドとしてアメリカでは子供達にクリスマスにおもちゃの代わりに旅行や家族で過ごせるイベントなどにお金を使う家庭が増えているそうです。 すぐに飽きてしまうおもちゃより、家族で一生残る思い出を作る方が子供にとっても喜ばしいことだと思います。

Girl Scouts ガールスカウト

My daughter joined the Girl Scouts of America. Girl Scouts, is an organization that began in England over 100 years ago and promotes the leadership development in young children. Originally, it was created to help boys learn survival skills, like camping, tying ropes, Mores codes, starting a fire, etc. Today it also includes building character, learning how to lead and develop business skills, as well as, connecting and making a positive impact to the community. My husband was a Boy Scout in grade school and I always wanted to join but, unfortunately, didn't live near a Girl Scout troop. However, today there are over 1000 Girl Scout troops just in Japan. If you have a daughter, she might be interested in joining a Girl Scout near your home.

娘がガールスカウトに入りました。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、 ガールスカウトはイギリスで始まった100年以上前から続いている「自ら考え行動できる女性」を育て、 世界市民になれるよう活動している団体です 。元々はボーイスカウトが始まりで野外で子供達の自発性を育てる目的が始まりでした。 キャンプ、ハイキング、縄の結び方、火の扱い方などを通してリーダーシップ、自主性、社会性を子供達に教えてくれます。 現代社会に合わせて野外遊びだけに止まらず今はビジネスや世界的視野を広げる活動なども行なっています。 夫は子供の頃ボーイスカウトのメンバーで、私も子供の頃はガールスカウトに憧れて居ました 。残念ながら私が子供の頃は近くにガールスカウトの団体が無かったのですが、 今では日本だけでも1000カ団以上あるそうです。 娘さんがいらっしゃる方は家の近くに団体があるか検索してみることをオススメします。

http://www.girlscout.or.jp/

Thanksgiving Parade 感謝祭パレード

Every third Thursday of November Americans celebrate Thanksgiving by preparing a feast for the family, giving thanks and going to see the Thanksgiving Parade. New York's Thanksgiving Parade is put on every year by the Macy's department store (https://www.macys.com/social/parade/2017/) and broadcast around the nation and is a tradition that goes back to 1920s. This year our whole family went into Manhattan to see the parade. It was very cold but it was fun to see all the floats passing by. After the parade, we went home to finish cooking our Thanksgiving meal. My father was in NY visiting from Japan and my second cousin who lives in Queens also joined us for our Thanksgiving feast.

アメリカでは毎年11月の第3週目の木曜日は感謝祭を祝います。 家族で集まって感謝祭のご馳走を食べ、感謝の気持ちを家族と話、感謝際のパレードを観にいきます。 ニューヨークではメイシーズ(Macy's)百貨店が毎年盛大な感謝祭のパレードを企画し(https://www.macys.com/social/parade/2017/) テレビで全国放送されます。Macy'sの感謝祭パレードは1920年代から毎年行われており、アメリカの感謝祭の伝統です。 今年は初めて家族全員で朝早くからマンハッタンに行き、パレードを観ました。 とても寒かったですが、巨大なフロート(風船)がたくさん前を通るのを観れて楽しかったです。 パレードの後家に帰り、感謝祭のご馳走を作りました。 日本から遊びに来て居た父親とクイーンズに住んでいる親戚も同席し、楽しい感謝祭を過ごすことが出来ました。



Tooth Fairy 歯の妖精

My daughter, who just turned eight years old in October, finally lost her first baby tooth. Many of her friends started losing their teeth in first and second grade so we were wondering when she was going to start losing her baby teeth. In America, the children believe in the Tooth Fairy. You might have seen the Tooth Fairy depicted in the movie by Dreamworks "Rise of the Guardians". When a child loses a tooth, they put it under their pillow when they go to sleep and the Tooth Fairy comes to collect the teeth while the child sleeps and leaves a coin in its place. The amount that the tooth fairy leaves depends on the household. Our daughter got $1 for her tooth but we heard that some lucky children get as much as $20 per tooth!

10月に8歳になった娘の乳歯がやっと初めて抜けました。 娘の友達の中には早い子では2年前から乳歯が取れる子もいて、いつになったら取れるのか疑問に思っていました。 アメリカでは乳歯を集める「歯の妖精」がいます。ドリームワークスの映画「ガーティアンズ 伝説の勇者たち」でご存知の方もいるかもしれません。 取れた乳歯を枕の下に置いておくと、寝ている間に歯の妖精が乳歯の代わりにお金を置いて行ってくれます。 金額は家庭によって異なるらしく、うちの娘は$1(約100円)置いてってくれました。運が良い子は$20(約2千円)も置いてってくれるとか!

Halloween ハロウィン

Halloween is my favorite holiday but it's also one of the busiest because my daughter's birthday is at the same time. Preparing Halloween costumes, Halloween activities at school, and birthday parties at home and at school. In America, families often bring cupcakes and goodie bags to school on their children's birthday to share with their classmates. We used to dress up our daughter in whatever we wanted but now that she's eight, she has her own ideas. So, for her school Halloween party and her birthday she got to wear the costume of her choice, which was Zombie Ballerina, and for trick-or-treating on Halloween night, she wore the costume that her father designed, which was Sansa Stark from a very popular HBO TV show in the States called "Game of Thrones." Her brother was Jon Snow. As long as we keep making cool costumes, I hope my kids will continue to let us dress them up for Halloween.

ハロウィンは私の一番好きな祭事ですが娘の誕生日と重なるため一年で一番忙しい時期でもあります。 ハロウィンのコスチューム作り、学校のハロウィンイベントの準備、家と学校の誕生日会の準備でごった返します。 アメリカでは誕生日の子の両親がクラス全員のためにカップケーキとおもちゃが入った小袋(goodie bags)を学校に持っていきます。 今までは子供達のハロウィンの衣装を夫と私が決めていたのですが、8歳になった娘は自分で選びたいと言い出しました。 結果、娘は学校と自分の誕生日会の衣装はゾンビ・バレリーナになりました。ハロウィン当日のトリック・オ・トリートでは夫がデザインした衣装を着ました。 今年はHBOの人気テレビ番組「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ姫でした。 息子は弟役のジョン・スノーでした。来年も子供達が着てもらえるように格好いい衣装を考えなければなりません。

School Pictures 学校写真

Every year a professional photographer is hired by the school PTA to take individual pictures of the students and a class photo with their teachers. Now that both of my children are in the same school, I had the option of having them take "sibling pictures" where the school arranged to have the two kids take pictures together. My children usually wear their uniform to school but they are free to wear what they want on Picture Day. A few weeks later, the photo studio sent me their pictures and I was able to order school pictures in time for the holidays. My parents and in-laws will be excited to get the photos for Christmas.

毎年プロのカメラマンが学校のPTAに雇われ生徒とクラスの集合写真を撮りに来てくれます。 今年は初めて下の子も同じ学校に通っているため、二人一緒に「兄弟写真」を撮ってもらいました。 普段は制服を来て学校に通っているのですが、学校写真の日は普段着で写真を撮ってもらうことが出来ます。 数週間後、可愛い写真が届きました。クリスマスカードとして使う家庭もいるようでそれに合わせて早めに届きました。 クリスマスの良い贈り物が出来ました。おじいちゃんとおばあちゃんもきっと喜んでくれると思います。

Fall Festival 秋フェスタ

I took my kids to a fall festival. Not quite October yet but a nearby museum was having a festival with pony rides, face painting and puppet shows and figured my kids would have fun. It was not a big festival but there was plenty to do. The kids loved the pony ride the best. There was even a selection of toys that kids used to play with during colonial times, made necklaces from felt, and an instructional seminar on honey bees near the beehive that the museum had in the back. The puppet show was a surprisingly elaborate presentation of "Cinderella". It reminded me of the puppet show you see in the movie "Sound of Music." The festival got us in the mood for autumn. I hope it cools down a little in October.

子供たちを秋のフェスタに連れて行きました。 まだ、十月にも入らず、ニューヨークは猛暑続きで全く秋の予感がしませんが、 ポニー牧場、フェイスペイントや人形劇など子供が喜ぶ行事がたくさんありそうだったので行って見ました。 決して大きなフェスタではなかったのですが、イベントは盛りだくさんでした。 子供たちはやっぱりポニーに載れたのが一番楽しかったみたいです。 ポニー以外にアメリカが植民地だったころのおもちゃやフェルト作り、ミツバチの巣の隣でミツバチの説明会までもが行われてました。 人形劇は「シンデレラ」のお話で豪華な人形劇でした。「サウンド・オブ・ミュージック」の映画に出てくる人形劇を思い出しました。 気分はすっかり「収穫の秋」ですが、少し涼しくなるのを願っています。

Pre-Kindergarten 幼稚園入園

My baby boy turned four this month and started pre-kindergarten. He's attending the same school as his sister five days a week,8am to 2:20pm. The first couple of days started as a half day and we saw a lot of nervous little boys and girls (and nervous parents) as they greeted their teachers and stepped into their classrooms. My son found his locker where he's to hang his backpack, the spot where he puts his lunch box and the folder where he puts his correspondence folder. The teacher explained to us that they will be served breakfast and lunch in the classroom and there will be nap time shortly after lunch. They will have lots of play time and I found the classroom full of toys and educational materials.

After a few mornings of nervousness, my son found that he really likes school and now he gives me a big thumb's up before he walks into the classroom, showing me he's a big boy now.


息子が今月4歳になり、Pre-Kindergarten (幼稚園)に入園しました。(アメリカは9月に新学します。) 午前8時~午後2時20分まで毎日お姉ちゃんと同じ学校に通います。 最初の二日間は半日で興奮したお子さんと緊張した親が教室の前に並びました。 教室に入ってから息子は少し照れながら自分の名前が書いてあるロッカーを見つけては鞄をかけ、鞄からお弁当を出して、お弁当用の棚に乗せ、最後に連絡帳を連絡帳入れに入れました。 先生から朝食とお昼は教室で食べるいう説明がありました。(小学生はカフェテリアで給食を食べます。) お昼を食べた後は教室でお昼寝をするそうです。歌を歌ったり、絵本の読み聞かせがあったり、教室はおもちゃ屋や教材でいっぱいでした。

1週間ほど息子は朝弱気になったり、ぐずったりしましたが、お友達もできて今では笑顔で教室にはいっていきます。 毎朝親指でグーのサインをして「僕お兄ちゃんになったよ!」と教えてくれます。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問い合わせはTEL・FAX・MAILで受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL 052-222-3510
(平日10:00~18:00)
FAX 052-222-3510
(24時間受付OK)
MAIL info@eigokidsichiba.com

ページトップへ