Joy's COLUMN

School Musical 学芸会

At my daughter's school every year the third grade class performs a musical at the end of the school year. My daughter is in third grade this year and the school is performing "Charlie and the Chocolate Factory." Roald Dahl is one of my favorite children's book author and I have read many of his books to my children, including "The Twits," "Fantastic Mr. Fox" and "The BFG" This year we've read "Charlie and the Chocolate Factory" and watch both the classic 1971 movie and the recent adaptation by director Tim Burton. My daughter played one of the Oompa Loompas, the mysterious characters that work in Willie Wonka's chocolate factory.

娘の学校では毎年5月に3年生がミュージカルを披露することになっています。 娘は今年3年生で彼女の学年は「チャーリーとチョコレート工場」を演じました。 原作の作者ロアルド・ダールは私のもっとも好きな児童作家の一人でもあり、彼の小説は何冊か子供達に読み聞かせています。 「チョコレート工場の秘密」はもちろん、「いじわる夫婦が消えちゃった」、「父さんギツネバンザイ」や「オ・ヤサシ巨人BFG」なども読みました。 映画も見ました。1971年版と最近ではティム・バートン監督も実写版を作られてます。学校の学芸会では娘はチョコレート工場で働くウンパ・ルンパを演じました。

Trip to Japan 一時帰国

My husband and I had to fly to Japan for a couple weeks on business so we decided to take the kids out of school and make it a family trip. My husband and I had to go to meetings and take care of business so my parents agreed to watch their grandchildren for a week. It worked out very well for me because I could focus on getting things done, but it was a lot of work for my parents. Especially because they have two elderly dogs to take care of, as well. And an eight year old girl and 4 year old boy is a lot of work. They need constact attention and they don't always cooperate. But, everyone seemed to have had a great time and I'm eternally grateful for my parents to agreeing to watch the kids.

夫と私が仕事で日本に行くことになったので子供達も学校を休ませて急遽日本に一時帰国することになりました。 子供達は愛知県にある私の実家に1週間預けて夫と私は東京と京都を駆け巡りました。 おかげで仕事はたくさんこなせたのですが、やっぱり両親にとっては大変だったみたいです。 特に今実家には老犬が2匹いるためすでに母は体力的に負担が多く、 その上に8歳と4歳の孫の世話をお願いしてしまって親には申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。 でも、みんなそれぞれに楽しく、満喫した日本旅行でした。

Soccer Club サッカークラブ

My son started soccer. I was hesitant about putting him in a sport because our schedule is so busy but he's four years old and he has so much energy to burn. His teacher suggested I put him in some sport to let him run around and his friend's mother recommended an affordable club near our house. So every Saturday for two hours he goes to soccer practice with his classmates and after soccer they still spend another hour running around at the playground next to the soccer field. He really loves it. Before the second practice, he gave me a big hug and said to me, "Thank you so much for bringing me to soccer!" My little boy has transformed into a little soccer player.

息子がサッカーを始めました。上の子の習い事で忙しいのと息子を4歳からスポーツクラブに入れることに対して躊躇してたのですが、 最近足が早くなって運動不足気味ので思い切って入れることにしました。 学校の先生にもエネルギー発散のためスポーツを勧められ、偶々ママ友に近くでお値打ちのクラブを紹介してもらったので始めることにしました。 毎週土曜日2時間ほどクラスの友達と一緒にサッカーを満喫してから、隣にある公園でも1時間ほど遊んでヘトヘトになって帰って来ます。 息子はサッカーがすっかり気に入ったみたいで2回目の練習に連れて行った時に「ママ、サッカーに連れて来てくれてありがとう!」と感謝されました。 母の知らないところで息子はいつのまにかサッカー少年に成長していました。

The Winter That Would Never End 終わりなき冬

If you can believe it, it's April and still snowing in New York. We've had two snow storms in two weeks. We had some warm days in March which made us think that spring was around the corner. But, this winter doesn't seem to want to go away. I see my friends post pictures of cherry blossoms on social media and it seems spring has arrived in Japan. It's been a long winter in New York and I can't wait for spring to arrive. I'm afraid that we will have two days of spring and then the summer heat will arrive.

今年は4月に入ってもまだニューヨークは吹雪が毎週のように続き、学校は閉鎖になるはいつになったら春が訪れるのでしょう。 3月に暖かい日が何日かあり、春の訪れを感じていた分また気温が冬に逆戻りして気持ちも体力も下がります。 日本ではもう桜の季節が訪れているようで羨ましい限りです。 このままだと冬から直接夏に突入しそうです。ニューヨークにも早く来て欲しいです、春!

Fractured Toes 骨折

My son fractured two of his toes on his left foot. He was running in the dining room and must have hit the foot of the table at a weird angel. He fractured it late at night so although he seemed to be in a lot of pain I gave him some baby Tylenol and decided to wait until the morning to take him to the doctor's office. The next morning he was still in pain and we took him to the local urgent care facility. The doctor confirmed my suspicion and recommended we take him to a specialist. Unfortunately, the specialist wasn't available until a week later but when we did see the specialist they just gave him a boot for protection. The doctor said it would take a couple months to heal. But, within two weeks my son was running around and said there was no pain. Children heal so quickly.

息子が足の指を骨折しちゃいました!ダイニングの周りを走り回っていて変な角度からテーブルに足を打つけたようです。 夜遅くの出来事で見た目は大した怪我に見えなかったので痛み止めの薬を飲ませて寝かしつけました。 しかし、夜中に痛いと目が覚めて、朝になっても痛いと言うので近くの緊急病院に連れて行ったところ足の指を2本骨折していると言われ、専門家に連れて行くよう言われました。 しかし、専門家は1週間後にしか予定が空いておらず、仕方がなく1週間包帯を巻いて痛み止めの薬を飲ませていました。 専門家に見てもらった時にはもう治りかけていて保護用のブーツを付けて自然に治るのを待ちましょうということでした。 お医者さんの言うには治るのに2ヶ月ほどかかると言われましたが、2週間ほどで痛みはなくなり普段通り走り回ってました。 子供の回復は早いです。

Science Fair 科学博覧会

My daughter's school has a science fair every year. Every student from first to fifth grade participate. For grades three through five, the science project is a big part of their final grade for their science class. The topic for the project is up to the student. They need to present their project on a presentation board and for the upper grades, they also need to write a written report. This year my daughter did a project on sun prints. Every day she made a sun print by the window where there's a lot of sunlight and one by the kitchen with little sunlight. She also made note of the time of day and the weather to see if these factors affected the darkness of the prints. It's a lot of work but helps teach children scientific reporting from an early age.

娘の学校では毎年3月に全学年に渡って科学博覧会が行われます。 1年生から5年生の生徒が参加します。3年生から5年生の学年は博覧会で展示するものが科学の成績に大きく反映します。 しかし、発表する内容は生徒任せで生徒それぞれの個性が発表に現れてとても面白いです。 科学実験の内容、手順、試験結果を表した大きな展示表を提出します。 娘はサンプリントといって太陽の光を使ってプリントを作る実験をしました。 5日間に渡って太陽の光が強い窓辺と太陽の光があまり当たらないキッチンのカウンターでサンプリントを作りました。 プリントを作った時間と外の天気も記録して太陽の光の量とプリントの質の関連について発表しました。 親子ともに大変でしたが、娘にとって科学実験と手順についてとてもいい勉強になりました

Fractured Foot  骨折

My son managed to fracture two of his toes. He was running in the house and I think bumped his feet against the table. I could tell that he hurt himself bad from the way he was crying but there was no swelling and just a little bruise. It happened late at night so I gave him some children's pain killers and sent him to bed. But, he woke up in the middle of the night crying that his toes hurt so I took him to the doctor the next morning. Turns out he fractured his 3rd and 4th toe and the doctor sent us to see a specialist. Evidently there's nothing much that can be done about it but to let it heal. Hopefully, it'll heal without future implications. Children are so resilient. He's been told to keep the protective boot on for 4 weeks but by the second week he said it didn't hurt anymore. We're still keeping it on for safe measure but if he had his way, he's be running around without it.

息子が左足の指を2箇所骨折しました。 家の中を走っていて、おそらくダイニングテーブルの脚にぶつけたみたいです。 泣き方から酷く痛めたのは間違いなかったんですが、まさか骨折までしているとは思いませんでした。 夜も遅かったのでとりあえず痛み止めを飲ませて寝かしつけましたが、深夜3時ごろに足が痛いと起きたので次の朝医者に連れて行きました。 レントゲンを撮った結果、第3&4の指が折れてました。骨は治療の余地も無いらしく、6週間ほど大人しく自然に治るのを待つしかないと言われました。 しかし、子供は回復が早いと言いますが、2週間も経たないうちに痛みは無くなったみたいです。 念のため、まだギブス代わりのブーツは履いてますが本人は全く気にならないようです。

Pizza Friday 金曜日はピザの日

Last month I talked about my children being picky eaters. But there's nothing in the world they like to eat more than pizza. Of course, it's plain pizza with just cheese on top. New York style. Friday is "pizza and movie night." After a long week at school and work, we celebrate our hard work with pizza for dinner and a family-friendly movie afterward, sometimes even with homemade popcorn. The kids look forward to Fridays and because they know Friday is pizza night so they don't ask for it on other nights. And, they also know that the only time they get to watch a movie on daddy's “big TV” is on Friday nights so they don't feel bad that they can't watch TV on the big screen all the time, either. It makes pizza and movies extra special, and as a family, we will always remember our family tradition of spending time together on Friday evenings with a slice of New York pizza and a movie.

先月は子供たちの好き嫌いについて書きましたが、世界で何よりも好きな食べ物は間違いなくピザです。 トッピング無しのチーズピザ、ニューヨークピザです。 我々の家では長い1週間の終わりを祝って、金曜日は必ず「ピザ&ムービーナイト」になっています。 仕事と学校で頑張ったご褒美に晩飯はピザ、お食事が終わったら家族で映画を観ます。 特別にポップコーンも作ってあげたりすることも。 金曜日はピザが食べられるため、子供たちは毎週金曜日を待ち遠しく、楽しみにしています。 ピザは金曜日に食べるので金曜日以外の夜にピザが出ることがないことを知っています。 又、映画はパパの「大きいテレビ」で見れるという特典付きです。 普段は別の部屋にある小さいテレビでしか見れないのが金曜日は大きいテレビで見れるのは、ある意味、家で映画館に行く感覚で子供たちは大はしゃぎです。 でも、指定された日程と理由があるからこそ特別感があります。 子供たちが大きくなって家を離れても金曜日は一緒にピザを食べて、映画を観た思い出をいつまでも忘れないでほしいと思います。

Influenza インフルエンザ

This year's influenza has been catastrophic. Sixty children have died nationwide this year, three times the number compared to last year. Just this past week, a five-year-old girl passed away in Brooklyn, close to home. I have heard from friends recovering from the flu have been bedridden for two weeks with nausea, diarrhea and sharp pain to their stomachs. I've also heard from friends in Japan that many schools have closed due to the spread of the disease.

To me this is a reminder that the world is shrinking and we all share the same environment. Borders, oceans, and language cannot separate the human existence. We share the air, water and abstract things like ideas also move fluidly between nations. What affects me in New York also affects my friends in Japan. It's easy to get distracted by what is happening in our daily lives but I feel we all have a responsibility to educate ourselves about the big picture and what affects us all as humans.


今年のインフルエンザは随分酷いみたいですね。アメリカでも全国で子供が60人亡くなっていて、去年の3倍とか。 ブルックリンでも近くに住んでいる5歳の女の子が先週亡くなりました。 インフルエンザに掛かった友達はみんな回復に2週間ほど掛かり、酷い腹痛だったと話します。 日本でも学校はインフルエンザが蔓延していて学級閉鎖になってるクラスがあるとか。

アメリカと日本、こんなにも遠く離れている場所で同じようにインフルエンザが流行っているのを聞くと改めて世界が縮んでいことを身に感じます。 国境線、海や山を超えてみんな同じ空気を吸って、水を飲んでいる。 ニューヨークで起こっていることが日本にいる友達にも起きていて、大きく、少なかれ、こっちで起きていることが世界にどのような影響を与えているのか考えさせられます。 日々の生活に追われて自分の目の前で起きていることだけではなく、時には世界で起きていることに目を向けて意識が広がるよう努力したいと思います。

Picky Eater 好き嫌い

Both of my children are picky eaters. As a baby, my daughter only liked to eat carbohydrates and white foods, like rice, udon noodles, mochi, white bread and pasta. I had a very hard time trying to get her to eat vegetables and especially meat. She would refuse anything that I mixed together. No tomato sauce on her pasta, no fried rice, no spinach colored udon noodles. My son, is the same way but he loves fruits and some vegetables. The only meat he likes is bacon.

My daughter is now 8 years old and my son is 4. My daughter has finally started to eat and try different foods. And, once she tries it, she usually likes it. My son will try foods once he sees his sister eating it so he eats better than his sister did at his age. This was a major stress factor for me because I was not a picky eater. I tried not to let it bother me but it was very stressful. It is such a relief to see that my children are finally becoming more adventurous in their choices. They are still picky but at least I can see things are improving.


うちの子は二人ともご飯の好き嫌いが赤ちゃんの頃から酷かったです。 娘は白い炭水化物が大好きでお米、うどん、お餅、食パンとパスタしか食べてくれませんでした。 野菜やお肉を混ぜると一切手をつけてくれませんでした。 パスタのトマトソース、おにぎりのふりかけ、炒飯、かぼちゃパン、ほうれん草が練りこまれたパスタ。 色々試しましたが、白以外のものは徹底的に却下されました。 下の子も同じ傾向ですが上の子よりは果物や野菜を食べてくれます。 しかし、お肉はベーコンしか食べてくれません。

娘は今8歳、息子は4歳。やっと最近娘が文句を言わずに食べてくれるようになりました。 文句を言っても、食べてみると美味しいと言って食べてくれます。 お姉ちゃんが美味しそうに食べているのをみると、下の子も食べてくれるのでありがたいです。 お姉ちゃんと比べると随分楽です。 好き嫌いは私の育児生活でもっとも悩まされたところだと思います。 気にしなくていいと言われても、毎日3食同じものでは栄養が取れてないんじゃないかと悩み、色々工夫して作っても食べてくれない。 かと言って元気に育っているのでこれでいいのかな~、なんていう気持ちで左右されました。 今もまだ好き嫌いはありますが、育児8年目にしてやっと料理が楽になりました。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問い合わせはTEL・FAX・MAILで受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL 052-222-3510
(平日10:00~18:00)
FAX 052-222-3510
(24時間受付OK)
MAIL info@eigokidsichiba.com

ページトップへ